昨日は何処へ行くのか

風呂場からの思索

哲学講義の余韻

19.août.2017 2期目のスクーリングも終わったので、哲学講義で知ったスタンリー・カヴェルの著作をちびちびと読んでいきたい。 また、純粋理性批判を読んでいくうえで、英訳版も隣に置いておくと良いと、哲学懇親会で教えていたのだが、どの英訳版が良いのか…

哲学講義、音楽講義

12.août.2017 認識論、行為論、共に最後まで魅了された。 特にスタンリー・カヴェルには興味を持った。彼の射程範囲はかなり広い、文学や映画についての考察があるのでその辺りも読んでいきたい。 音楽講義も受けていたのだが、ベートーヴェンとストラヴィン…

哲学講義.3-4

10.août.2017 認識論の講義、ここにきてぐいぐいと面白くなってきた。知覚の選言説に惹かれた。よって明日の懐疑論も楽しみだ。これは、嵌まり込んでしまうかもしれない。 色々と本を読んでいかないと。 少しずつ頭に知識を蓄えて、より深く思考ができるよう…

書棚

9.août.2017 頭の中には書棚がある。 そこには、これから読みたい書物と、読み返したい書物が乱雑に並んでいる。 それらの書物は突然に書棚から消えたり、そうかと思えば突如として書棚から落下して手の中におさまる。 その書棚とそれらの書物に、私の人生は…

哲学講義2

8.août.2017 認識論、行為論ともにまだついていけている(ついていけていると思い込んでる場合もある)。 ただ、アンスコムの行為の捉え方について考えたいことができた。後のデイヴィッドソンもアンスコムのその部分は肯定している。 僅かしかない知識を使っ…

哲学講義

8.août.2017 昨日は哲学講義の初日であった。 「知っているということはどういうことか」という根本問題を抱えた認識論と「何が行為を行為にしているのか」という疑問からはじまる行為論。 どちらも、楽しく刺激的で、これからの講義が待ち遠しい。ぐいぐい…

短い会話

6.août.2017 光が夏を表現していた。 そんな日に、卒論のオリエンテーションに参加した。 気になっていた先生が話をしてくれたので、気になっていたことを質問した。 気になっていたことは解決し、そして、知性と情熱を感じられる人に出会えたことが、知への…

図書館

2.août.2017 意気揚々と図書館に向かったのだが、夏期休暇期間なので20:00で閉館。 もっと遅くまで開いていてほしいと思うのだが、図書館員からしたらこれ以上開館時間を延ばさないでほしいと思うだろう。 低賃金な上、終電まで働いてくれといわれても、すん…

空っぽ

28.juillet.2017 ワインにのまれると、毎度おもうのだが、のまれながら他者と話す時、使用する単語は哲学風なことを連発するのだが、少し自問すると、中身がすっからかんなことに気づかずにはいられない。知性と教養のなさにいつまでも苦しめられる。しかし…

未知なる本を読む楽しみ

26.juillet.2017 本を読むといえば、小説、それも翻訳された小説しか読んでこなかったが、学問を学ぶ場に足を踏み入れたことにより様々な分野の本を手にとるようになった。おもにそれはレポートを書く為のものであり、さらっと読み流してしまうものであるが…

哲学書とふれあうために

20.juillet.2017 難解な哲学書を理解するにはどうしたらいいか。気づいたら口がその質問をしていた。すぐれた専門家と話す機会もそうないので、思わずでてしまったのだろう。 その質問への答えは明確だった。 哲学書を読む為には、哲学書の読み方がインスト…

入門

19.juillet.2017 何かを学ぶ為のきっかけとして、入門という言葉が使われるが、門をくぐってそこから先へ進むことはどれだけあるだろうか。 バタイユ入門講座が最終日だった。何かを理解し得たような、全くなにもしてないような、入門とはそんな感じだ。ここ…

記録.

16.juillet.2017 だだっ広いその空間には無数の書物がならんでいる。その中で、足を運ぶ棚が幾つかあるが、最近は思想や哲学に長い時間を費やす。そこにある書物は、大きく手を広げて出迎えてくれるのだが、ページをめくると容易には読み解くことのできない…

記録

15.juillet.2017 唐突に文章によって何かを残すことを再開してみる。あくまで断片的に、非永続的に。 背伸びをしてというか、超えられもしない跳び箱に向かっていったというか、とにかく無謀なことを試みた。東門をエレベーターで8階まであがると、狭くもな…

the next president of the United States of America

I've felt that it is hard to accept the reality. He lacks the sense of democracy . Where is freedom? Where is equality?

ブルトンの名を借りて

少し試みてみたいことが頭に浮かんだ。 思ったことは、時には実践してみる。 自動記述。アンドレ・ブルトンがシュルレアリスム宣言の中で書き、それは溶ける魚として発表された。彼のやろうとしたことは何だったのか。その後一時代を築いたシュルレアリスム…

本の中から

批評と臨床 ジル・ドゥルーズ 手の届かないところにいるドゥルーズも文学について書いた論集ならば 僕にも一片を触れることが許されるだろうと思い手に取った。 意味もよく知らずに文学という一つの巨大な壁をつくってしまっていた僕は 手足に鉄の鎖をつけて…

本の中から

コーラン(クセジュ文庫) 大天使ガブリエルからの啓示を受けムハンマドが人々に伝えるという基本的な事項ですら、知らなかった。それほどまでにコーランと私との距離には開きがあった。知らないということは、多くの誤解を生む。 ファーティハ(開扉の章)…

布団から

無知、無教養な人間を作り出すためには、たった一つの正義があればいい。二つはいらない。